中山先生

本日は中山先生ががんばってみてくれました。
# by tsyagi | 2011-10-27 17:58

今週 当院でのRSウイルス検査

RSウイルスが騒がれていますが、今週当院で5名程度 RSウイルス迅速検査をゼーゼーしたお子さんに検査しましたが、すべて陰性でした。流行している印象はありません。ちなみにインフルエンザも毎日疑わしい症状のお子さんに検査していますが、今のところ陰性です。
# by tsyagi | 2011-10-26 21:50

THE BRICK BIBLE

本日amazonで内科の先生が買った REGOの本です。
a0205555_21452324.jpg

# by tsyagi | 2011-10-26 21:45

本日

本日は休日当番医ですが、ほとんど患者さんがいらっしゃいません。現在待合室ゼロです。5:00pm終了です。
a0205555_14103315.jpg

# by tsyagi | 2011-10-23 14:07

10月23日(日)は休日当番医です。

10月23日(日)は休日当番医です。 9:00am - 5:00pmまでの診療時間です。通常の診療ではなく、診療も5:00pmに終了しなければなりません。体調の悪い方はできるだけ午前中に受診してください。

在宅休日当番医ということから通常前日夜に可能な朝の診察の順番表の記入はできません。
# by tsyagi | 2011-10-22 19:56 | お知らせ(診療時間の変更等。)

早い時間に受診を

今朝、診察待ち13名と非常に少ない状態です。ここ数日、午前中かなり少なく、夕方混み合うことが多いようです。
# by tsyagi | 2011-10-21 08:50

そう言えば 外来が暇に

そういえば急に外来が暇になってきました。何故でしょう。インフルエンザ予防接種が始まり駐車場はいっぱいですが、病気のお子さんは少なくなってきました。
しかし、喘息発作を起こすお子さんはいっぱいです。震災をきっかけに治療をサボっているお子さんが特にゼーゼーしています。注意しましょう!
# by tsyagi | 2011-10-19 22:03

RSウイルス感染症

昨日のNHKの報道に対して思いつきでいろいろ話ましたが、やはり今朝急患で受診したお母さんから、新しい病気が流行しているそうですねと。RSウイルス感染症は新しく最近見つかった病気ではなく、私が医学部の学生の時(昭和50年代ですので30年以上前)、微生物学の教科書にしっかりと書かれている病気です。かのNHKでも適切に報道することは難しいですね。特にNHKのプロデューサーに医学の知識があるわけでもなく、誰にインタビューをすればよいかも判断できず、以前私も経験がありますが、取材された医師の真意が伝わらず、言葉じりを大きく取り上げゆがんだ内容を報道することが多々あり、どうしても恐怖をあおる報道になってしまうようです。(悪意がある訳ではなく医師の話を完全に理解できないからでしょう。)

珍しい病気ではなく通常に外来でみられる病気です。しかし まれに小さなお子さんで気管支炎が悪化、呼吸が苦しくなることがあるので、多くのお子さんが重症になるわけではありませんが注意しましょう。という表現が適当と考えます。(注 老婆心ですが呼吸が苦しそうな時は様子をみてはいけません。)

そういえば、タマネギの葉っぱが青々と伸びてきました。
a0205555_2131847.jpg


先程駐車場での放射線量は、0.068μSv/hr.。東京でhotspotが多く報道されていますが、5月中に当医院敷地内を細かく測定しましたが、排水溝升で0.5μSv/hr.とやや高値でしたが、他は0.2μSv/hr. 現在はすべて0.1μSv/hr.以下で当院敷地内にはhotspotはなく土遊びしても問題ない測定値です。
# by tsyagi | 2011-10-19 21:30

RSウイルス感染症について

 今、NHK ニュースウオッチ9で RSウイルス感染症が恐ろしく恐ろしく報道されていました。以前このブログでお伝えしましたように、RSウイルス感染症は珍しい病気ではなく、冬に流行する通常の感染症です。小さな赤ちゃん特に生後数ヶ月の方が罹ると稀に呼吸が苦しくなり酸素吸入が必要となり入院することがあります。しかし1歳以上のお子さんが罹ってもあまり重症になりません。(油断してはいけません。人間はすべて教科書通りにはいきません。)
 TVで放送されたように、RSウイルス感染症に罹ると喘息になる確率が高くなるとの報告はかなり昔からあり毎年日本アレルギー学会でも演題が多くみられます。しかしRSウイルスが喘息に関係するのかどうかそのメカニズムは現在でも議論の最中ではっきりした結論はでていません。また、インフルエンザに対するタミフルのような、RSウイルスに効果のある治療法は現在のところ開発されていません。従って、早く病院を受診、RSウイルス感染症を診断すれば喘息にならなかったなぞの報道は適切ではありません。
 またすべてお子さんにRSウイルスの検査をしている病院が取り上げられていましたが、治療法がなく、他のウイルス感染症でも、そっくりな症状がみられることは多々あり、RSウイルスと確定しても役に立たないことが非常に多く、わかっても判らなくても治療法に全く違いがないことを考えるとすべてのお子さんに検査することは適切ではありません。(調べてもしかたがありません。)この検査は、生後0-6ヶ月程度でゼーゼーしているお子さんに今後の呼吸困難の可能性を予測する為に必要な検査と考えます。問題は呼吸状態です。当院では必要なお子さんには、積極的にというか必要と判断した方にはすべて(3歳未満は医療費は定額制なので赤字になりそうですがあまり経営を考えていませんので)検査しています。今週も数名検査しましたが陰性でした。
 いずれにせよ、報道のように過度に怖がる必要はありませんが、通常より少し注意が必要です。最近喘息でぜーぜー苦しいお子さんが多くなってきましたが、RSであっても他のウイルスでも、喘息であっても、呼吸が苦しいしいことは大変なことです。早めに受診するように、かなり苦しそうな時は夜間は救急病院受診も考慮してください。
# by tsyagi | 2011-10-18 22:07

喘息の方は注意を!

稲刈りが終わりつつあり、その後稲わらを焼いているのでしょうか。田んぼから煙りが登っています。この煙を吸い込むと強い喘息発作を起こす方が多々みられます。喘息の方は外出時、煙を吸わないようにご注意ください。
# by tsyagi | 2011-10-14 22:47

八木小児科医院(宮城県) 副院長のブログです。Home page www.yagiclinic.or.jp


by tsyagi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る